お金 借りる


Warning: include() [function.include]: http:// wrapper is disabled in the server configuration by allow_url_include=0 in /virtual/cashingogo/public_html/www.clubtera.net/index.html on line 29

Warning: include(http://www.goldensquall.com/cam/osusume.txt) [function.include]: failed to open stream: no suitable wrapper could be found in /virtual/cashingogo/public_html/www.clubtera.net/index.html on line 29

Warning: include() [function.include]: Failed opening 'http://www.goldensquall.com/cam/osusume.txt' for inclusion (include_path='.:/usr/local/lib/php') in /virtual/cashingogo/public_html/www.clubtera.net/index.html on line 29

お金を借りる融資情報

ノーローン

通常、無利息といえば、新規の時のみ、一か月というのが一般的ですが、ノーローンの場合は完済した翌月の利用分であれば無利息になります。つまり、完済しさえしていれば、何度でも無利息で利用できるチャンスがあります。
さらに即日融資にも対応可能です。
年齢20歳〜69歳までの安定した収入のある方であれば、アルバイト・派遣社員もOKです。

融資額:300万円   金利:9.5%〜18.0%

女性専門

レディースフタバ

女性スタッフによる女性専用ローンです。
来店不要で口座に振り込んでくれます。
主婦・パート・アルバイトでも申し込み可能です。

融資額:10万円〜50万円   金利:20.0%

お金を借りる前に・・・

今の時代、先立つものがなければ何もすることはできません。
いくら質素に暮らそうと思っても、贅沢をしないようにと思っても、それでもお金は今を生きる上では絶対に必要なものです。

 

ですから、どうしても必要であればお金をしかるべきところから借りるのはやむを得ませんが、それでも、本当に必要な金なのか、もっと安く借りられるところはないのか、といったことをしっかりと検討した上で借りるようにしましょう。

 

当サイトは消費者金融をご紹介するサイトですが、借金先は何も消費者金融だけではありません。

 

身内や会社、銀行などもあります。

 

そういったところも検討したうえで、賢く借金をしてください。

 

 

返すことを考えてから借りる

お金を借りるときは、ほとんどの人は借りることだけで頭がいっぱいになってしまい、返済のことまでしっかりと考えている人は少ないそうです。

 

お金にまつわるトラブルは借りるときよりも返す時に起こるのが常です。当たり前の話ですが、返すのが前提で貸してくれるのですから、そのことをしっかりと念頭に置いておかなくてはいけません。

 

万一、借金を返済できなかった場合、借りた人は債務不履行責任というものを負うことになります。これには損害賠償とか、違約金の支払などが含まれますし、こうなると、契約も途中解除ということになり、残金を一括返済しなくてはならなくなるなど、一気に追い込まれてしまいます。

 

「ちょっとくらい・・・」という軽い気持ちが深いキズを後々残していくことにもなりかねません。

 

返済はしっかりと期日までに行いましょう。

返済余力の基準額を知る

借金をする前に「自分には月々どのくらいの返済余力があるのか」といったことを考えるのは非常に重要なことです。借金は必ず返済をしなくてはいけません。確実に返せるという見込みを立ててから借りるのが理想です。

 

一般的な返済力としては次のようにいわれています。

 

 年収300万円以下・・・年収の25%が上限
 年収300万円〜400万円・・・年収の30%が上限
 年収400万円以上・・・年収の35%が上限

 

つまり、年収が300万円の人であれば、

 

  300万円×25%=750000円

 

が年間の返済可能額上限ということです。そして、750000円を12で割った数字

 

  750000円÷12=62500円

 

が月々の返済上限額だということになります。

 

もちろん、これはあくまで一般的な数値であり、他にローンなどの借金を抱えていればこの数値はさらに低くなってきますし、銀行や消費者金融は独自の基準をもって審査を行いますのでこの額までは借りられるということでもありませんが、自分にはどのくらいの余力があるのかということは常に意識しておきましょう。

複数の借金がある場合

複数の金融機関から借金をしている状態を多重債務といいます。
この場合、多くの人は自転車操業に陥っており、毎月、返済に追われる羽目になってしまいます。こうした場合は、可能であればそれらの借金を一本化することが大切です。
一本化という債務の整理をすることで、

 

 ・全体的な金利が安くなる場合がある。
 ・返済日が統一されるので入金忘れのリスクが少なくなる。
 ・自分の借金状況の把握が容易になる。

 

などのメリットがあります。
詳しくはこちらからどうぞ

 

生活費などのお金を借りる方法netなら断然銀行のカードローンがおすすめです。低金利で高額融資枠をもらえる場合もあります。
銀行以外にも大手消費者金融であれば個人向けローンが各種ご利用いただけます。審査もスピーディで金利も低く、おすすめです。 銀行 お金 借りる